キャリア形成促進助成金制度のご案内

・キャリア形成促進助成金制度とは

 労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、厚生労働省が職業訓練などを段階的・体系的に実施する事業主・事業主団体に助成する制度です。

 助成金の助成対象訓練(1コースの助成対象訓練時間は20時間以上(グローバル人材育成コースの海外で実施する訓練は30時間以上))は、以下の体系で構成されています。

 原則は中小企業の事業主が助成対象ですが、(1)成長分野等人材育成コースなどについては大企業の事業主も助成対象です。

 受講される方によっては当法人主催の「メンタルヘルス法務主任者資格講座」も該当するため、ご検討いただければ幸いです。詳しい情報は厚生労働省HPに掲載されております。是非ご参照ください。

厚生労働省「キャリア形成促進助成金のご案内」

申請様式のダウンロード

 

・キャリア形成促進助成金

I 政策課題対応型訓練

(1)成長分野等人材育成コース(健康・環境などの成長分野等での人材育成のための訓練)

(2)グローバル人材育成コース(海外関連業務に従事する人材育成のための訓練(海外の大学院、大学、教育訓練施設などで実施する訓練も含む))

(3)育休中・復職後等能力アップコース(育児休業中・復職後・再就職後の能力アップのための訓練)

(4)中長期的キャリア形成コース(中長期的なキャリア形成に資する教育訓練として厚生労働大臣が指定する専門実践教育訓練)

(5)若年人材育成コース(採用後5年以内で、35歳未満の若年労働者への訓練)

(6)熟練技能育成・承継コース(熟練技能者の指導力強化、技能承継のための訓練、認定職業訓練)

(7)認定実習併用職業訓練コース(厚生労働大臣の認定を受けたOJT付き訓練)

(8)自発的職業能力開発コース(労働者の自発的な能力開発に対する支援)

II 一般型訓練(政策課題対応型訓練以外の訓練)

III 団体等実施型訓練(事業主団体などが行う、若年労働者への訓練や熟練技能の育成・承継のための訓練)

 

・助成額・助成率

<事業主向け>

支給対象となる訓練 賃金助成(1人1時間あたり) 経費助成 実施助成(1人1時間あたり)
①政策課題対応型訓練

Off-JT 864円(432円) 1/2(1/3)
OJT(認定実習併用職業訓練コース) 648円
②一般型訓練 Off-JT 432円 1/3

 ※被災地の事業主には、助成率の特例措置があります。(価格は税込です)

・支給限度額

支給対象となる訓練 企業規模 20時間以上100時間未満

①成長分野等人材育成コース

②グローバル人材育成コース

③育休中・復職後等能力アップコース

④中長期的キャリア形成コース

中小企業 16万2000円
大企業 10万8000円
上記以外の訓練コース 中小企業 7万5600円

・申請の流れ

1「事業内職業能力開発計画」「年間職業能力開発計画」の策定・職業能力開発推進者の選任

 労働者に訓練を実施する前に「事業内職業能力開発計画」「年間職業能力開発計画」を策定するとともに、「職業能力開発推進者」を選任します。

 

2 訓練実施計画届の提出

 訓練実施の原則1か月前までに、「訓練実施計画届」と「年間職業力開発計画」や訓練カリキュラムなど必要な書類(24~25ページ参照)を都道府県労働局に提出します。

 

3 訓練の実施

 「年間職業能力開発計画」に従い、訓練を実施します。

 

4 支給申請

 訓練終了日の翌日から2か月以内に、支給申請書と必要書類を都道府県労働局に提出します。※申請手続は雇用保険適用事業所単位

 

・お問い合わせ先

 キャリア形成促進助成金の受給のための手続きは,事業所の所在地を管轄する労働局で行います。ご不明な点および手続きなどの詳細については,労働局までお問い合わせください。